大学図書館員 坂本です

学びと遊びを考える

近畿大学通信教育部図書館司書コース レポート対策 情報資源組織論

 まず、カード目録の構成要素とそれらの概要について述べる。

  • 記述

目録カードの中心に記されているもので、

検索された情報が自身の求めるものかどうかを確認するための情報となる。

資料のタイトル、著者、版次、出版社、出版年、サイズなどに関する情報から構成される。そして、これらが記されていることにより、既知の資料の検索の場合は、検索の結果得られた資料が求めるものと同じであるかが確認できる。

記述作成のためのルールは、おおむねISBDに沿って行われており、基本的に同一版をもとにすれば、同じ記述となるように設計されている。

  • 標目

目録カードの一番上に記されており、アクセス・ポイントとしての役目を果たす。

標目には、タイトル標目・著者標目・主題(分類・件名)標目がある。

カード目録の場合は、アクセス・ポイントとすべき事項の数と同じ枚数の作成をしなければ標目としての十分な役目は果たせない。

また、集中機能を持たせるため、同一人物が複数ペンネームを持っている場合などは、統一標目が与えられる。

3、標目指示

対象資料が必要とする標目を記述の下部に一定の様式で一覧できるように記したもの。

これは、目録のメンテナンス作業に重要な情報となる。なぜなら、カードの除去・修正などの場合には、標目指示を参照して、対象となるカードの一括検索が可能となるからである。

なお、参照標目には「をも見よ参照」もあり、記述中から採用された標目が相互にリンクされる機能を果たす。

  • 所在記号

それぞれの図書館における文献・資料の排架位置を示すもので、目録カードの左側に記される。

カード目録に記した所在記号を該当する図書の背ラベルに貼ることにより、図書館での資料の位置が判明する。

次に、日本十進分類法(NDC)の特徴について述べる。

1、統制語の一つであり、図書館の規模を問わずに適用が可能であることから、日本の標準的な分類法となっている。というのも、日本の出版事情に応じた改変を行っていることや維持・管理を行うのは日本図書館協会分類委員会であり、個々の図書館の労力が軽減されているからである。

2、主題の階層構造を0から9までの10個の数字を使用した桁数で表現できるので、分類の構造が把握しやすい。このほか、単純可能性・内包を区分けするという展開可能性・系列関係の明確さなどの長所がある。

しかし、その特性から9区分の数字に縛られるという短所も併せ持つ。

これを解決するために、9を超える場合には、関連性の強いものを同一記号にまとめて、区分の数を減らす、あるいは主要なものを1から8に区分して、9を「その他」とするという方法が取られる。

こうした処理は、分類体系の階層性を崩すことになるのでNDCでは分類項目名の表示位置を揃える、あるいは一文字下げることにより階層関係を明示している。

そして、これらを行うための分類表の構造は、本体の「細目表」、下位区である「第1次区分表(類目標)」「第2次区分表(綱目表)」「第3次区分表(用目表)」がある。

第1区分の主題順序はカッターの考案した展開分類法を参考にしている。

第2区分以降の展開は、日本語、日本固有の文化を重視する体系となっている。

第3区分では、第2次区分を10区分し、合計1000区分となる。

第4区分以降は「細目表」によって展開されることとなる。

そして、これらに補助表を取り入れることにより、分類表が膨大になることを防ぎ、詳細な分類が可能となる。

このような形式で、階層性を持ったツリー構造で表現される。

3、列挙分類法に関連する短所が挙げられる。分類の作業では、分類対象となる資料・情報を列挙されている項目のどこかに位置づけなければならない。

しかし、NDCは改訂間隔が長い。最新版は1995年に刊行されたため、新しい主題のみを対象とした資料情報への対応が難しいとされている。分類対象となる資料・情報の主題そのものを表現するよりは、その主題が分類表のどの位置に排列されるかに重きを置いた分類法であるといえよう。

参考文献

志保田務(他)(2012)『情報資源組織法―資料組織法・改』第一法規株式会社

塩見昇(他)(1999)『資料組織概説第3版』 日本図書館協会 

岩淵泰郎(1998)『資料組織概説』

 東京書籍 新現代図書館学講座10